素晴らしきドローン空撮映像ベスト3
空

人気の無人飛行

最近、ニュースなどでも話題に挙がることが増えてきた「ドローン」。
一体どんなものなのかと興味を持っている方も少なくないのではないでしょうか。
このドローン、果たしてどのようなものなのでしょうか。

ドローンというのは、無人で飛行することができる航空機のことです。
軍事用途で使われることが多く、なんとなく物々しいイメージを持っている方もいるかもしれませんが、近年になって様々な使い方がされるようになってきました。

その中でも最も注目されているのが、映像撮影です。
ドローンにカメラを搭載し、人間が足を踏み入れることができないような場所や、近づくことができないような場所の撮影をすることができます。
海上すれすれの場所を撮影したり、ビルとビルの間の狭いところをすり抜けていったりといった、非常に臨場感のある映像は、これから映画撮影などでも多用されるのではないかと考えられています。
また、震災など災害時に、真っ先に現地の情報を映像で入手することができるという、報道分野での活躍も期待されています。

ドローンを使った映像

世界には、ドローンを使用して撮影した素晴らしい映像がたくさん存在しています。
その中からおすすめの映像を3つご紹介しましょう。

日本で撮影された「ラジコン空撮「白川郷」」。
美しい雪景色と白川郷とのコラボレーションを、臨場感あふれる映像で魅せてくれます。
空撮というとヘリなどを使ったものが思い浮かびますが、ヘリではとても近づけないような地上スレスレのところや、建物と建物の間を抜けていきます。
日本の美しい景観を味わうことができる映像です。

海外の映像です。
「Fireworks filmed with a drone」は、打ち上げられた花火の中をドローンが駆け抜けていきます。
地上にいては、とても見ることができない幻想的な花火の内側を、ドローンの技術のおかげで目の当たりにすることができました。
こんなに美しいものかと驚愕しますよ。

こちらも海外の映像です。
「DJI Phantom 2 Vision Plus Drone Molokini Island Maui」は、美しい海を上空から眺めるだけでなく、海面ギリギリや岩場に近づいての撮影がなされており、まさにドローンならではの技術を駆使した映像となっています。
映像は、YouTubeでタイトルを入れれば検索することが可能ですので、ぜひ一度ご覧になってみてください。
こちらのサイトでも動画などがご覧いただけます。
>>GIZMODO

ドローンを使った映像はこれからも増え続ける

アメリカで、ドローンを使用した映画製作の規制が緩和されてきました。
そのため、今後もどんどんドローンを使った迫力ある映像が増えていくことでしょう。
映画観賞中に、「あ、これドローンで撮ったのかな?」とわかる映像も出てくるのではないでしょうか。

日本で、まだまだドローンに対する様々な規制がされています。
また、犯罪で使われたり事故に繋がったりすると、更に厳しい規制が出てくる可能性もあります。
映像界の更なる飛躍のためにも、今後ドローンを安全に正しく活用することができるよう、私たちも考えていかなくてはなりませんね。

About

Categories: Pick Up